トンボ撮り

雨が止んだ午後になり、鳥見散歩に出かけたのですが、川の水は濁っていて、鳥は居ない(^_-)-☆
とすると、トンボだけかな(^^♪

下池でアカトンボが飛んでいたので、撮りたくなって・・・止まらないのです。
仕方がないので飛んでいるトンボを撮ろうとしたのですが、なかなか撮れません。
やっと撮れたのがこれ↓


ナツアカネかアキアカネだろうと思うのですが・・・・

↓ギンヤンマ

シオカラトンボ

夏バテかな・・疲れています

天気が不安定ですね。
晴れたと思ったら急に黒い雲がやってきて・・・急いで帰宅・・・疲れます(^_-)-☆

マイナポイント第二弾の手続きもやっと終わりました。
手続きに区役所を利用されている方が多いようですが、マイナンバーカードを受け取るとき以外は、PCとセブン銀行ATMを利用しました。
セブン銀行ATMの利用方法はネット動画を見ると分かりやすいです。

↓例のハクセキレイ


カルガモ

↓カワウ(境川

アオサギ境川

↓ミンミンゼミ

↓コフキトンボのメス

↓ハグロトンボ

↓アゲハチョウ(ナミアゲハ

偏光フィルター入手したけど

3年ぶりの「京都五山送り火」をTVで見ながら写真整理をやっています。
現地は大雨で、送り火の点火が10分ぐらい遅れましたが、無事に点火が出来て何よりです。
↓精霊馬(宮沢の民家)

最近オイカワを撮っていますが、川面の反射が邪魔になり、偏光フィルターを買い求め使い始めました。
買ったのは「Amazonbaisic」の径77mmなんですが、価格が1,280円と安価で、「ボケて使い物にならない」の評価に疑問を感じながら入手しました。
P1000で使ってみた結果、焦点距離が600mm(35mm換算)ぐらいまでは問題なく使えますが、これを超えると自動焦点では画面がボケてきます。
従ってこのフィルターを手持ちの一眼カメラに400mmの望遠ズームレンズを付けて使ってみると問題はないようです。
なぜ、画面がボケぼけるのか理由は分かりません。もっと使いこんでみます。
↓オイカ
 フィルター無し

 フィルター有

↓ギンヤンマ
 P1000焦点距離600mmトリミングしています

 P1000焦点距離1200mm

↓スズメ(南瀬谷の畑)

オナガ

カルガモ

↓コフキトンボ(強風に耐えていました)

↓ハグロトンボ

イチモンジセセリ

ヘラブナ?の群れとトンボ

午後の下池、いつもは鯉が泳いでいるのですが、いつもは姿を見せないヘラブナと思われる中型の魚が、群れをなして泳いでいました。
なぜ池の水面を泳いでいるのか、何をやっているのか不明です。
今まで見たことが無いとは言いませんが、珍しい現象だと思います。
撮った魚がヘラブナとは断定できないので動画は、公開していません。


↓親水池のオイカワの群れ

↓ギンヤンマ

↓コオニヤンマ

ショウジョウトンボ

↓ハグロトンボ

↓スズメ

イチモンジセセリ

宮沢四丁目の家々の前には、写真のような飾り?が
昨夜は迎え火を焚いて祖先を迎えるはずだったのですが、台風8号の影響で火を焚くことが出来たのかな?

イチモンジセセリ・・・今年初めて撮ったのかな?

↓コフキトンボ

↓コシアキトンボ・・最近少なくなりました

↓コオニヤンマ

カワセミ


カルガモ

↓オイカ

カワセミだけ

台風8号が近づいてくる・・雨で今日は鳥見散歩は無理だね・・・朝食後雨雲の様子をタブレットでみたら。一時間ぐらい止み間があるぞ・・・鳥見散歩に出かけてました。
出かけてみたら、30分もたたないうちにザーザーぶりに会いました(^_-)-☆

赤関おとなり橋からP1000を3000mmにしてカワセミを撮ることが出来て良かったよ(^^♪




キツネノカミソリが群生していたんですが、草と一緒に刈り取られ少なくなっていました。